第29回当店主催のワイン会の模様
今回ご紹介いたします内容は以前開催されました第29回当店主催のワイン会の模様をご紹介いたします。

第29回ワイン会のテーマはスペインのワインをテーマに料理とワインをマリアージュさせていただきました。






この日は特別ゲストとして365wine大野みさきさんをご招待してコラボレーションを行いました。





●泡もの ヴィーニャ マルティナ カヴァブリュット(産地 カタルーニャ州)には 池サバとジャガイモのテリーヌに占めサバを。





●オードブルはノルウェーサーモンのオレンジマリネに パイナップルのコンフィーを添えてキャロットのサラダ仕立てを辛口のシャルドネ種 ビシラシャルドネ2013(産地 バレンシア)を相性良く。





●国産和牛と温野菜をふんだんに使った自家製ジャガイモのニョッキにはフルーティーな白ワイン ヴィンエントセフィロス2010 ソーヴィニヨンブラン種(産地 マドリード)を。





●メインディッシュは兵庫県産もち豚肩ロースの柔らかに込みを渋めの赤ワイン ビロヒア2010 ムールヴェードル種 (産地 バレンシア)と一緒のサーヴィスさせていただきました。





そしてゲストの365wine大野みさきさんのデキャンタージュの講習も行われました。



(本当にお疲れ様でした。)


次回第30回当店主催のワイン会はフランス・ボルドー地方のワインを取り揃えて料理を相性良くマリアージュさせていただきます。



・次回第30回当店主催のワイン会は10月30日金曜日 19時30分より当店にて開催いたします。

・詳しいご案内はメニューリストが出来次第当店ブログにてアップさせていただきます。

・18名さま限定とさせていただきますので、もしお時間がございましたらお気軽にご連絡ください。

・参加費用  お一人様 ¥7500 (税別)

・TEL  06-6947-7141


●当店最新情報をブログにてご紹介
http://le-argentblog.le-argent.com/

●ぐるなび  http://r.gnavi.co.jp/kamc100/

●一休レストラン http://restaurant.ikyu.com/104250/menu/






 
| 当店主催のワイン会の模様 | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第26回当店主催のワイン会の模様
皆様、先月の10月23日金曜日午後19時30分より第26回になる当店主催のワイン会が開催されました。

今回のテーマはフランス・イタリアをテーマに料理とワインをマリアージュさせていただきました。

まずは・泡もの、CFGVブランドブランブリュットNV(フランス)には 軽くスモークした鰹とオクラのカリフラワーのクリーム和えを小さなフォアグラのテリーヌに自家製パンを添えて






・白ワイン フリヴォールブラン(フランス 南西地方)には ノルウェーサーモンのムースを使った、小海老と真鯛のパルフェ ソース・アメリケーヌを




・白ワイン フライシャーリースリング(フランス・アルザス)にはほうれん草とベーコンのキッシュロレーヌ・グランメール風を





・赤ワイン ファレスコトレンタンニ(イタリア プーリア州)には 真鴨と兵庫県産もち豚の自家製ハムに、水ナスと生ハムのプロシュートを使ったカプレーゼを





・赤ワイン プリミティーボディマンドゥリアDOCパパーレ(イタリア ヴェネト州)には 長崎産黒毛和牛もも肉の自家製ローストビーフ ねずの実を効かせた赤ワインソースを





・デザートワイン パヴォワ・ドール プルミエールコートドボルドー(フランス)には ドレンチャリーとアーモンドを使ったネガティーヌグラッセを





サーヴィスさせていただきました。

次回第27回当店主催のワイン会は 来年の1月30日フランス・ボルドー地方のワインを中心に開催させていただきます。

・開催時刻  1月31日 金曜日 19時30分より当店にて。

・参加費用  お一人様 ¥7500 (税別)

・TEL  06-6947-7141

・12名様限定とさせていただきます。

・多数のご予約を心よりお待ちいたしております。

●ぐるなび 
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/ もっと見る












 
| 当店主催のワイン会の模様 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第16回当店主催のワイン会の模様
 
今回ご紹介いたします内容は、先日行われた第16回当店主催のワイン会の模様をご案内いたします。

第16回当店主催のワイン会のテーマはニューワールドのワインを中心に料理とワインをマルアージュさせて頂きました。

1、ビーニャ バルディビエソ エクストラ ブリュット NV 泡 チリスパークリング チリ 

生産量、輸出量共にチリNo1の規模を誇る泡の名門。フレッシュなライムや青りんごのアロマとほんのり広がるトーストが心地良い本格派瓶内二次発酵スパークリングワイン


 料理=干し鱈とノルウェーサーモンのブランダード リンゴのジュレを流して





2、ファット バード ソーヴィニョン ブラン 白 マールボロ ニュージーランド 

2011年だけで“3つのトロフィー、180超のメダル”を獲得!NZ屈指のプレミアムワイナリー
リッチなアロマ、丸みを帯びたボディに全体を引き締める爽やかな酸味。相反する要素を両立させた表現力は、同じ品種でも、このマールボロでしか味わえない独特の個性です。


 料理=とうもろこしのポタージュスープにイカ墨のニョッキを添えて






3、ヴィーニャ アキタニア ソル デ ソル ピノノワール  赤 マジェコヴァレー チリ

シャトー・コス・デストゥルネルの元オーナー、ブルーノ・プラッツと、シャトー・マルゴーのワインメーカー、ポール・ポンタリエが手がけたワイナリー、アキタニアがチリ最南端で作るピノノワール。


 料理=伊勢産岩牡蠣とサバフグのフリット 魚介類のペスカトーレを流して





4、アンウィルカ 赤 南アフリカ

色調は黒に近いほど濃く、ブラックチェリーやブルーベリーの豊かな果実味に、ミントやユーカリの香が合わさり、複雑で上品な香りです。味わいは適度な酸味に滑らかな舌触り、キメの細かいタンニンはビターチョコのように口に広がります。


 料理=ゴルゴンゾーラのムースを塗り込んだタスマニア産仔羊のロースト ポルチーニ茸を添えて





5、トーレイ トカイ アスー 3プットニョス  極甘 ハンガリー

136リットルのゲンチと呼ばれる樽に入ったワインに、アスー(貴腐ブドウ)を3カゴ分加えたトカイワインです。
濃密な甘さの中に、みずみずしい酸味が特長です。


 デザート=レモン風味のシトロンタルト 3種類にフロマージュを使ったアイスと共に






・・以上、第16回当店主催のワイン会の様子をお伝えいたしました。

次回第17回当店主催のワイン会はイタリアのワインを中心に料理とワインをマリアージュさせて頂きます。

・参加日、時刻=3月29日金曜日午後19時30分より当店にて

・参加費用=¥7500

・参加者人数=12名様限定

・TEL=06−6947−7141


多数のお客様のご予約を、心よりお待ちいたしております。


・・・お知らせ・・


●先日行われた当店主催の第15回ワイン会の模様を只今こちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=222
の方に掲載いたしておりますので、もしお時間がございましたら一度お立ち寄りください。


●当店の情報をフェイスブックにて、ご覧になれます。
ご興味のある方はこちら
http://www.facebook.com/LeArgent#!/LeArgentをご覧下さい。


●ただ今当店最新情報を ぐるなびサイトのホームページに掲載いたしておりますのでご興味のある方はこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧ください。


●当店の姉妹店、江戸前にぎり すし銀のご案内をこちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=140の方に掲載いたしておりますので、もし 宜しければご覧ください。


●当店のホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧ください。



 
| 当店主催のワイン会の模様 | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第15回当店主催のワイン会の模様
 
今回は先日11月30日に行われた第15回当店主催のワイン会の模様をご紹介いたします。





今回はフランスのワインをテーマに料理とワインをマリアージュさせていただきました。





1・ジャン マリー トリボー ブリュット 泡 シャンパーニュ フランス  

上品な果実の甘味と美しい泡との競演が脳裏に刻まれるような、飲んだ誰もが「ああ、良いシャンパンだ」と感じる非常にバランスの良い1本


・・料理・・ 伊勢産岩牡蠣と岩のりのムース トマトのコンソメを流して 


・・・辛口できめ細かな泡立ちを持つこのシャンパンに 岩牡蠣とキャビアを使った相性の良い一品をお口始めとしてサービスいたしました。




2・ドップ エ イリオン ゲヴルツトラミネール レ ソルシエール 08 白 AOCアルザス フランス 

「ソルシエール」魔女という名の畑のゲヴルツトラミネールでつくられています。ホワイトローズ・ライチ・スパイスなど個性的なフレーヴァーを醸し出しており、豊かなコクが特徴の中辛口ワイン


・・料理・・ ズワイ蟹とアボガドのタルタルを詰め込んだ、ホタテ貝のポーピエット 白ごまとアーモンドのニョッキと共に


・・・ライチやスパイスのフレーバーなこのソルシエールには、蟹とホタテ貝を相性良く料理にしてサービスしてみました。





3・ビヤール ゴネ ポマール プルミエクリュ クロ ド ヴェルジェ 02 赤 ポマール プルミエ フランス


ポマール・一級の飲み頃9年熟成!
口の中でとろけるように感じられるバランスの良さ。うっとりします。


・・料理・・ 和歌山産太刀魚と焼きナスのデアブル 練うにのサヴァイヨンソース


・・・ブルゴーニュのプルミエクリュ ポマールのピノノワール種には今が旬の太刀魚を使ったしっかりとした食べごたえのある料理をサービスいたしました。
(ワインと料理の写真が無くなってしまったので、料理写真のみとなります。)





4・CHカロン 96 赤 サンテミリオン フランス 


名前のカロンはギリシャ語で「美」を意味しています。可憐で奥行きのあるアロマと清涼感のある味わいが酒質の強さを証明しています。


・・料理・・ 塩麹でマリネした、スペイン産ピレネーポークのロティー 粒マスタードのマデラソース


・・・サンテミリオンのメルロー種 しかも、96年と古酒のこの赤ワインには 塩麹で3日間マリネした肉質の柔らかいピレネーポークをローストにして、サービスいたしました。





5・サント ジャクリーヌ ミュスカ ド リヴサルト 甘 ヴァンド ナチュラル フランス

ヴァン・ド・ナチュラル(天然甘味ワイン)。美しい黄色でバニラとレーズンの香りがしっかりと感じられます。ふくよかさがあり良いバランスを持つ滑らかな口当たりです。


・・料理・・ みかんのコンポートにアールグレイのジュレを流して 3種類の自家製フロマージュのアイスを添えて


・・・この天然甘口ワインには、あっさりとしたみかんのコンポートとカマンベール、マンステール、ゴルゴンゾーラのチーズを使った自家製のアイスを添えてサービスいたしました。






●以上、第15回当店主催のワイン会の模様をお伝えいたしました。

次回第16回当店主催のワイン会は、ニューワールドのワインをテーマに料理とワインをマリアージュさせていただきます。

・参加日、時刻=1月25日金曜日午後19時30分より当店にて

・参加費用=¥7500

・参加者人数=12名様限定

・TEL=06−6947−7141


多数のお客様のご予約を、心よりお待ちいたしております。


・・・お知らせ・・


●先日行われた当店主催の第15回ワイン会の模様を只今こちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=222
の方に掲載いたしておりますので、もしお時間がございましたら一度お立ち寄りください。


●当店の情報をフェイスブックにて、ご覧になれます。
ご興味のある方はこちら
http://www.facebook.com/LeArgent#!/LeArgentをご覧下さい。


●関西テレビ放送ジャルやるっ!にて、当店が紹介された様子をyoutubeにてアップいたしておりますので、もしお時間がございましたらこちらhttp://www.youtube.com/watch?v=8UZE4FhVjBk&feature=youtu.beをご観覧ください。


●ただ今当店最新情報を ぐるなびサイトのホームページに掲載いたしてお
りますのでご興味のある方はこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧ください。


●当店の姉妹店、江戸前にぎり すし銀のご案内をこちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=140の方に掲載いたしておりますので、もし 宜しければご覧ください。


●当店のホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧ください。










 
| 当店主催のワイン会の模様 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第13回当店主催のワイン会の様子
 

今回ご紹介いたします内容は、昨夜当店にて行われた 第13回当店主催のワイン会の様子をご案内いたします。

今回は各国のワインを、白ワインを中心に開催されました。



1、泡物 フランソワ モンタン ブリュット ヴァンムスー(フランス) 

ブドウ品種はシャルドネ種が主体で、非常に洗練された香りは、芳醇で、グレープフルーツなどの柑橘類やジューシーなリンゴを思わせてくれます。
リッチな果実味、バランスの取れたボディ、繊細な酸味などは、本場シャンパーニュも顔負けの出来上がりで活気のある一品。


 料理・活けあじのすだち酢締め 温野菜と生ウニに、トマトのジュレを流して



この料理は、すだちとシャンパンビネガーでさっぱりと仕上げたアジの寿司スタイルに、昆布締めした天然鯛と鱧の炙りを添えてお出しいたしました。



2、白ワイン 
テッレダヴィーノ ガヴィ ディ ガヴィ ガヴィ (イタリア)

ガヴィ・ディ・ガヴィは、コルテーゼ種からつくられる、ピエモンテ州の白のDOCG(イタリアで最高の格付)。緑がかった麦藁色をしています。カリン、グレープフルーツやフローラルなフレーヴァーがあり、リッチで膨らみを感じさせる優しい味わいの辛口ワインでありました。


 料理・れんこんのニョッキを巻き込んだ穴子と鱧のフリット 梅肉と木苺のソースで




ブドウ品種コルテーゼ100%の白ワインに相性を考えて、明石穴子とトリュフの香りを引き立てたれんこんのニョッキをカリカリのフリットにし、松茸と鱧、穴子で仕上げたスープを添えて、梅肉と木苺のソースをお出ししました。



3、白ワイン キュヴェレナ リースリング ドライ ファルツ (ドイツ) 

●レモン、グレープフルーツなどの柑橘系の爽やかな香り。果実味にはリンゴや桃を思わせるふくよか
さがあり、ピシリと1本通った酸味が心地よい、キレとコクを併せ持つ辛口白。


4、 白ワイン L ラロッシュ シャブリ プルミエクリュ レ フルショーム 08(フランス) 

●ほどよいバターの風味と洋なしのアロマ、果実味とミネラル感のあるバランスのとれた味わいでありました。


 料理・旬魚 鮎のコンフィー バルサミコとシェリー酒の香り





ブドウ品種100%シャルドネに 一夜干しを行った旬の鮎をコンフィーにし、バルサミコとシェリー酒、コニャックを使って味を調えております。



5、赤ワイン オスピス ド ボーヌ ボーヌ 1ER キュヴェ ニコラ ロラン 09(フランス) 

●2009年の良さを実感させてくれるシルキーなタンニンとベリーの雰囲気、控えめで上品な甘味、ほど繊細でかつ秘めた力を感じさせる。まさにオスピスの奇跡!
外観:美しい紫を帯びたルビーがつややかに輝く。香り:アタックは摘み取られたばかりのすぐり。ちいさなプラムが朝露に濡れている。  品種:ピノ・ノワール 赤・ミディアムフル

 料理・窒息鴨もも肉(フランス・プーレノワール)のコックオーヴァン 赤ワイン煮込み





ブルゴーニューのピノノワールにはやはり地方料理であるコックオー・ヴァン(真鴨の赤ワイン煮込み)を ココナッツ風味のカプチーノ仕立てでサービスいたしました。



6、クレスマン ソーテルヌ 極甘 (フランス・ソーテルヌ地区)

●輝く黄金色、蜂蜜やドライフルーツの香りを持つ極甘口白ワインです。リッチな味わいと複雑さが口いっぱいにひろがります。ブルーチーズ、フルーツケーキと合うデザートワイン。

 デセール・岡山産白桃のコンポート 3種類のフロマージュアイスを添えて




最後にサービスいたしましたこのソーテルヌ地方の貴腐ワインに、岡山産白桃をコンポートにし 3種類のフロマージュのアイスの上からアールグレイのジュレを流して、別添えでフレッシュ・フォアグラのテリーヌとカナッペをお出ししてサービスいたしました。






以上、第13回当店主催のワイン会の様子をご紹介させていただきました。

今回ご参加いただいた14名様。 本当にありがとうございました。


●次回第14回当店主催のワイン会は、9月28日金曜日当店にて19時30分より開催を予定いたしております。

メニューリストは決まり次第、ぐるなび、フェイスブック、ホームページ・ブログにてアップさせていただきますので ご参加ご希望の方はこちらTEL06−6947−7141まで、ご連絡下さい。




・・・お知らせ・・・

●当店の情報をフェイスブックにて、ご覧になれます。
ご興味のある方はこちらhttp://www.facebook.com/LeArgent#!/LeArgentをご覧下さい。


●先日6月27日に行われた第12回当店主催のワイン会の模様がこちらhttp://le-argentblog.le-argent.com/?eid=165の方に掲載いたしておりますので、もしお時間がございましたら一度ご覧下さい。


関西テレビ放送ジャルやるっ!にて、当店が紹介された様子をyoutubeにてアップいたしておりますので、もしお時間がございましたらこちらhttp://www.youtube.com/watch?v=8UZE4FhVjBk&feature=youtu.beをご観覧ください。


●ただ今当店最新情報を ぐるなびサイトのホームページに掲載いたしてお
りますのでご興味のある方はこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧ください。


●当店の姉妹店、江戸前にぎり すし銀のご案内をこちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=140の方に掲載いたしておりますので、もし 宜しければご覧ください。


当店のホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧ください。



皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。







 
| 当店主催のワイン会の模様 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第12回当店主催のワイン会の模様
 


今回ご紹介いたします内容は、先日行われた第12回当店主催のワイン会の模様をご案内いたします。

アメリカワインをテーマに行われた第12回は、10名様が参加されました。



まずは泡物 1、 ROEDERER ESTATE SCHARFFENBERGER BRUT
 ロデレール エステート シャッフェンベルガー ブリュット   カリフォルニア   ピノ・ノワール、シャルドネ

●とうもろこしのムースの上に、ブナのチップでスモークした帆立貝と生うにを添えて。 群馬県赤城豚肩ロース肉の田舎風パテ スパイス風味のくるみのキャラメリゼ添え。



●このドライで力強いスパークリングワインに合わせて、赤城豚のパテにスパイス風味のくるみのキャラメリゼと、生うにをたっぷり乗せたホタテ貝柱のスモークは絶妙に相性良く召し上がられたでしょう。


白1 Kunghu Girl Riesling 2010 Charles Smith 
 チャールズ・スミス・ワインズ カンフー・ガール・リースリング (やや甘口)
  ワシントン州 コロンビアヴァレー

●パルメジャーノレッジャーノのブリュレとアイス、フリッツ 3つのマリアージュ。



やや甘口のリースリングとの相性を考えて、パルメジャーノレッジャーノのチーズを使ってブリュレ、アイス、フリッツ、3つのマリアージュをサービスさせていただきました。


白2 Carneros Chardonnay 2009 Saintsbury
セインツベリー カーネロス シャルドネ
 カリフォルニア カーネロス

赤1 CALERA 1998 ナパバレー ピノノワール


●甲殻類のソースをからめた、自家製タリアテッレ。



シャルドネの活気ある辛口と、カレラ1998のピノノワールに相性良く考えて、甲殻類と高知県のロイヤルトマトを使って自家製のタリアテッレをサービスし、別添えで200℃でさっくさくに揚げた桜海老のフリッツを添えてみました。


赤2 Santa Barbara Cork Dancer Pinot Noir 2007 Hitching Post
 ヒッチングポスト サンタバーバラ コルクダンサー ピノノワール 
  カリフォルニア サンタバーバラ

●梅のコンフィチュールとピノノワールのグラニテ。



軽やかなピノノワールに季節感あふれる梅とガメイの軽い赤ワインで仕上げたグラニテを お口直しのシャーベットとしてサービスいたしました。


赤3 Napa Valley Merlot 2007 Shafer
シェイファー ナパヴァレー メルロ
  カリフォルニア ナパヴァレー

●国産和牛フィレ肉のローストビーフ ミルフィーユ仕立てのドフィノワーズを添えて。



上品でしなやかなメルローに対して、国産和牛のフィレ肉をローストビーフにし、しっかりとしたマデラソースにジャガイモのドフィノワーズを添えてサービスいたしました。


赤4 Willamette Valley Syrah 2005 Elemental Cellars
  エレメンタル セラーズ ウィラメットヴァレー シラー
  
  オレゴン州 ウィラメットヴァレー

●ゴルゴンゾーラ、コンテ、カマンベール、ラムレーズンで仕上げた自家製パン(シャンピニヨン)とグラスドショコラ。



最後にスパイシーでどしっとしたシラーズをサービスいたしましたので、カカオをきかしたチョレートのアイスとゴルゴンゾーラ、カマンベール、コンテ、干しブドウで作った自家製シャンピニヨン(パン)をサービスいたしました。


皆様。次回第13回ワイン会は 各国のワインを元に料理とワインをマリアージュさせていただきます。

開催日は8月31日金曜日、午後19時30分より当店にて開催いたします。

詳しい内容は、フェイスブック、ブログにて案内させていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

多数のご来店を心よりお待ちいたしております。


・・・お知らせ・・・

●7月3日発売の関西ウォーカー13号に当店が掲載されることになりました。詳しい内容がこちらhttp://le-argentblog.le-argent.com/?eid=161の方に掲載いたしておりますので、もし宜しければご覧下さい。

●当店の情報をフェイスブックにて、ご覧になれます。
ご興味のある方はこちらhttp://www.facebook.com/LeArgent#!/LeArgentをご覧下さい。


●先日4月23日月曜日、第11回当店主催のワイン会が開催されました。
イタリアをテーマに開催されたその日の模様がこちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=139の方に掲載いたしておりますので、もし お時間がございましたら一度お立ち寄りください。


関西テレビ放送ジャルやるっ!にて、当店が紹介された様子をyoutubeにてアップいたしておりますので、もしお時間がございましたらこちら
http://www.youtube.com/watch?v=8UZE4FhVjBk&feature=youtu.beをご観覧ください。


●ただ今当店最新情報を ぐるなびサイトのホームページに掲載いたしてお
りますのでご興味のある方はこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧ください。


●当店の姉妹店、江戸前にぎり すし銀のご案内をこちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=140の方に掲載いたしておりますので、もし 宜しければご覧ください。


当店のホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧ください。



皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。







| 当店主催のワイン会の模様 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第11回当店主催のワイン会の模様
 



今回ご紹介いたします内容は、先日4月23日月曜日に行われた 第11回当店主催のワイン会の模様をご案内いたします。

第11回料理とワインのマリアージュ会はイタリアの国をテーマに開催させていただきました。

今回もワインアカデミーデゥヴァンの講師でおられる、太田信也先生をお招きしてのワイン会となりました。





参加されたお客様16名様で、行われました。


● 1、泡物  Franciacorta SATEN  2006    Ferghettina              ロンバルディア

 シャルドネ100% ガス圧4.5気圧 瓶内二次発酵のシャンパーニュ製法のDOCGフランチャコルタ。

 優しく、なめらかでクリーミーな味わいの特別なフランチャコルタ。それが〈サテン〉です。


国産のりとモッツァレラチーズのトルテッリーニ 酒かすのブリュレに大吟醸酒のジュレを流して





このフランチャコルタは、非常に上品で泡のきめ細かさも良く口当たりのアタックも活気があり、すっきりとした味わいをかもし出してくれました。

料理はイタリア中部のパダナ平野にあるエミリア・ローマニアの地方料理である、詰め物したパスタを このフランチャコルタに相性良くあっさりとした感じに仕上げております。


●2、白  Fiano di Avellino     2010    Antonio Caggiano        カンパーニャ

 南イタリア、ナポリ近辺では高貴な白ぶどうであるフィアーノ100%。南ながらミネラル感豊かで硬質な印象。

 アントニオカッジャーノのフィアーノは特に凝縮感があって絶妙なオークのニュアンス。ボリューム豊かなふくよかな味わいです。

 いいだことつぶ貝のハーブマリネ レモンとバジルの冷製カッペリーニ





このカンパーニャ独自のフィアーノ種に対して、冷製パスタのカッペリーニを レモンとバジルをきかしたジェノバ風に仕上げてみました。

パスタの上にしっかりとスモークしたいいだこと高知県から届いた、あまーいフルーツトマトを添えてパルメジャーノ・レッジャーノチーズを添えております。

別添えで高知県のフルーツトマトで仕上げたコンソメのジュレを添えてパスタの上から流して召し上がっていただきました。




●3、ロゼ Ciantons    2009   Vie di Romans       フリウリ

 ロゼワインだからと侮るなかれ。フリウリは白ワインの聖地と呼ばれていますが、実は古くからのメルロの生産地。

 ヴィエディロマンスは白ワインを作らせると天下一品ですがロゼもすごい!

 こんなに深みのあるロゼを味わったことがありますか?


タスマニア産子羊のテリーヌ ゴルゴンゾーラのムースと共に





フリウリのロゼワイン(メルロー種)がサービスされたので、料理はもっとも相性の良いタスマニア産の子羊を使ったテリーヌに ゴルゴンゾーラ(ピカンテ)の味を十分に引き出したムースを添えて 自家製のパン(シャンピニヨン)と共にサービスさせていただきました。




4、  Bricco Magno Langhe Rosso 2007             ピエモンテ

 ネッビオーロ100%のランゲロッソ。熟成感とオークのフレーヴァーがちょうど良く絡み合ってとても複雑な香りと芳醇な味わいを醸し出しています。

 北イタリアのピエモンテらしさが十分に感じられます。


天然真鯛のポワレ 赤ワインとオレンジのソースに塩麹でマリネした緑野菜を添えて






ネッビオーロ100%のランゲロッソに対して、真鯛のポワレのソースをちょっとしっかりめのソースにし、塩麹でマリネした甘い緑野菜の上に昆布のジュレを添えております。




 5、赤  Paleo Rosso 2000   Le Macchiole             トスカーナ

カベルネソーヴィニヨン70% カベルネフラン30%  2002年に急逝したトスカーナのボルゲリの偉大な作り手エウジェニオ カンポルミの遺作。

 2001年以降はカベルネフラン100%のキュヴェになったパレオの最後のカベルネソーヴィニヨンブレンド。

 12年の熟成によってメドックのグランヴァンとはまた違った側面を持つボルゲリのスーパートスカーナらしさが表現されています。

 ・国産和牛ほほ肉のラグー ココナッツ風味の赤ワイン煮込み





メインのワインがボルゲリのスーパートスカーナがサービスされたので、料理を 北海道産牛ほほ肉の赤ワイン煮込みにココナッツの香りをしみ込ましたカプチーノ仕立てを サービスいたしました。

肉は赤ワインで長時間煮込み上げ、柔らかく仕上げており、ワインとの相性を考えて しっかりとしたソースを流しております。




●6、甘口 Vin Santo del Chianti Classico 1999  Grevesa  トスカーナ

こちらも長い熟成によって複雑みを増した味わいに仕上がっています。フランスにはない甘口ワインの世界です。

クーベルチュールのガトー・クラッシックショコラ フロマージュのグラスを添えて





最後の甘口ワインにキャンティー・クラッシコのヴィンサントがサービスされたので、ガトー・クラッシク・ショコラに3種類のフロマージュで仕上げた グラス(アイスクリーム)を添えてサービスいたしました。

フロマージュは、ロックフォール、カマンベール、サントモーレを使用しチーズ臭さを精一杯引き出しております。






ご参加いただきました16名の皆様、本当にありがとうございます。

・次回、第12回当店主催のワイン会は アメリカはカリフォルニアをテーマに開催させて、いただきます。


・参加日、費用は、6月25日月曜日午後19時30分より当店にて お一人様¥8500にて開催させていただきます。

・TEL 06−6947−7141

・メニューリストは、出来次第ブログにて掲載させていただきます。

・多数のご予約、お待ちいたしております。






・・・お知らせ・・・



●4月15日を持ちまして、当店は10周年を迎えることができました。

当日、ささやかな感謝の気持ちを持ちまして、10周年記念パーティーを行いました。

その日の模様がこちらhttp://le-argentblog.le-argent.com/?eid=138の方に 掲載いたしておりますので、もし お時間がございましたら一度お立ち寄りください。


12月23日関西テレビ放送ジャルやるっ!にて、当店が紹介された様子をyoutubeにてアップいたしておりますので、もしお時間がございましたらこちら
http://www.youtube.com/watch?v=8UZE4FhVjBk&feature=youtu.beをご観覧ください。


●ただ今、当店最新情報を ぐるなびサイトのホームページに掲載いたしてお
りますのでご興味のある方はこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧ください。


●当店のホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧ください。



皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。









| 当店主催のワイン会の模様 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第10回当店主催のワイン会の模様
 
今回は、先日行われた第10回当店主催のワイン会の模様を ご紹介いたします。



第10回ワイン会のテーマは、日本のワインをテーマに料理とワインをマリアージュいたしました。



1、泡もの
タケダワイナリー デラウェア サンスーフル 2011  山形県

「アンセストラル法」により発泡ワインに仕上げました。
天然のきめ細やかな泡が、デラウェアのフレッシュな香りを引き立てていました。

昆布締めした、天然真鯛と塩麹でマリネした根菜のカクテル 昆布のジュレを流して



ワイングラスの中に塩麹で一晩マリネした、根菜たちと北海道産昆布で5時間昆布締めをした天然真鯛のカルパッチョを加え、昆布締めをした昆布でジュレがけをしております。


2、白ワイン

ダイヤモンド酒造 甲州樽醗酵 2009   山梨県

勝沼産甲州種を100%使用した本格派のワインです。

勝沼町下岩崎地区の厳選された「甲州」種をフランスの小樽を使用して発酵、しっかりとした酸・果実味と樽香のバランスが良くスッキリとした味わい。

国産ワインコンクール銅賞受賞 「勝沼ボトル」


パルメジャーノ・レッジャーノのクレームブリュレと、自家製ラムレーズンとくるみのシャンピニヨン



パルメジャーノ・レッジャーノを使って、ブリュレ、アイス、フリッツの3種類のマリアージュと、自家製で仕上げたラムレーズンとくるみのパンを添えて、サービスいたしました。


3、白ワイン

ヴィラデスト     Vigneron Reserve  Chardonnay2009  長野東御市

エッセイスト玉村豊男氏のワイナリー 今回の目玉ワインです。

厳選された最高品質のシャルドネを収穫直後にプレス、その新鮮な果汁をフレンチオークの小樽で酵母により樽醗酵させ、樽の中で酵母の澱と接触したシュール・リーの状態で約7ヶ月熟成、その後瓶詰して瓶内熟成していきます。

豊かな果実味と適度な樽香のボリューム感、良質な酸味と滑らかな口当たりがエレガントな印象を与えていてくれました。

真空調理で加熱したフォアグラと自家製コンソメのロワイヤル 茶碗蒸しスタイルで



真空調理を行った油分の無いフォアグラに自家製のコンソメスープを使って、蒸し器に掛け 茶碗蒸しのようにあつあつの状態で仕上げ、中にゴマ豆腐を入れてコンソメスープを流しております。


4、赤ワイン

ダイヤモンド酒造 THE甲州 2010  山梨 勝沼町

山梨県勝沼町産の甲州ワイン。完熟したりんごや洋梨、グレープフルーツのような香り。

大変口当たりがまろやかでクリーミーです。

酸味よりも旨味がより感じられしっかりとした味わいに仕上がっております。

後味にも苦みなどは一切残らず、心地良い余韻を味わえます。漫画「美味しんぼ」でも取り上げられた甲州ワインです。


和歌山紀州産活け真鱈のムニエル アーモンド風味のプラリネビネグレットソース



和歌山産の旬の鱈をバタームニエルにし、ソースをプラリネと赤ワインビネガーで仕上げた甘じょっぱいソースと、ケッパーとオリーブで仕上げたヴァンブランソースを流してサービスいたしました。


5、赤ワイン

酒折ワイナリー マスカットベリーA Barrel Aged Cuvee IKEGAWA 2009  山梨県 
甲府

 栽培家、池川仁氏が醸造家、井島正義氏と作り上げたワイン。日本を代表するぶど
うマスカットベリーAを完熟させ、
樽熟成させたこのワインは、これまでのこのぶどうのイメージを新たにする味わいで
す。
濃縮感が強くて余韻も長くエレガントな仕上がり。


塩こうじで真空マリネした、群馬県赤城豚肩ロース肉の柔らかステーキ わさびをきかしたマデラソース




塩麹で真空マリネを4日間かけて柔らかくした群馬県赤城豚肩ロース肉を丸ごとローストし、塩麹でマリネした野菜たちとわさびを使ったマデラソースを上から流してサービスいたしました。


6、デザートワイン

大阪のカタシモワイナリーのひやしあめにコニャックを加えて

生姜をきかしたクレームブリュレ シナモンのグラスを添えて



ひやしあめにコニャックを加えてサービスいたしましたので、デザートも相性のよい生姜をきかしたクレームブリュレにシナモン風味のアイスを添えてサービスいたしました。


以上第10回当店主催のワイン会の様子をご紹介いたしました。



ご参加していただきました12名の皆様、本当にありがとうございます。

次回は4月23日月曜日、テーマをイタリアにして11回目のワイン会を開催いたします。

メニューリストが出来次第当店ブログにてご案内させていただきます。

多数のご参加を心よりお待ちいたしております



・・・お知らせ・・・


●12月23日関西テレビ放送ジャルやるっ!にて、当店が紹介された様子をyoutubeにてアップいたしておりますので、もしお時間がございましたらこちら
http://www.youtube.com/watch?v=8UZE4FhVjBk&feature=youtu.beをご覧ください。

●ただ今当店最新情報を ぐるなびサイトのホームページに掲載いたしてお
りますのでご興味のある方はこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧ください。

●当店のホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧ください。


皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。



| 当店主催のワイン会の模様 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第9回当店主催のワイン会の模様


(今回マリアージュいたしました、フランス、ボルドー地方のワイン)


今回は先日、1月30日月曜日に行われた 第9回当店主催のワイン会の模様を ご紹介いたします。

第9回ワイン会のテーマは、フランスボルドー地方のワインを取り入れて 料理をマリアージュいたしました。


 

 1、スパークリング

 Brouette Prestage Rosé Vin Mousseux  Bordeaux

 珍しいガメイ100%のボルドーのロゼのヴァンムスー。 鮮やかで華やかでそれでいてかなりしっかりして力強い一品でした。

舞鶴産天然岩牡蠣と自家製コンソメのカクテル 岩のりのムース添え。



ガメイ100%のロゼスパークリングに因んで、舞鶴産の岩牡蠣と岩のりでムースを流し 上から自家製のコンソメのジュレを流して、北海道産の生うにを添えてあっさりと仕上げております。


2、白ワイン

Entre deux mers Cuvée Saint-Laurent 2009

 樽熟成タイプのソーヴィニヨンブランとセミヨンのブレンド。果実味とオークフレーヴァーがきれいに相乗効果を出していて、柑橘系でフルーティーな味わいを醸し出していました。

 
甘エビとホタテ貝柱の冷製キャビアラ フレッシュキャビア添え。



非常にフルーティーなソーヴィニヨンブランとセミヨンに合わせたこの一品は、シブレットの香りを生かした冷製のカッペリーニに見立ててみました。

トッピングに活けホタテ貝柱と天然の真鯛、甘エビを使ってタルタルを添え、フレッシュキャビアを沢山添えて 混ぜるように食べていただきました。


3、白ワイン

Château Haut-Nouchet 1988 Pessac-Léognan


 核やアプリコットのような熟した果実フレーヴァーにカラメルやナッツのような複雑で深い風味が感じられ、ボルドー白の古酒の味わいを楽しませてくれました。



 4、ワイン

Château Haut Carles 2005 Fronsac

 ボルドー右岸の期待のアペラシオンFronsacの非常に評価の高い作り手。グレートヴィンテージならでは、果実のエキスが凝縮した、かつなめらかさを併せ持つメルロの深みある一本でした。


●フレッシュフォアグラと黒毛和牛ロース肉のグリエ ソースペリグー。



ソフトでまろやかなメルローに対して、黒毛和牛のロース肉とフォアグラをグリエにし 洋ナシのコンポートを添えて、ふっくらとしたグラタン仕立ての上から、トリュフの香りをきかした ソースペリグーを流しております。

 

5、赤ワイン 

Château Rausan Sagla 1995 Margaux

 ボルドー左岸のカベルネソーヴィニヨンベースの17年熟成した奥深い味わいと、長期熟成だけにあって香り豊かで複雑な動物的ニュアンスを醸し出しており、メドックのアペラシオンの違いを感じさせてくれました。


●タスマニア産乳飲み仔羊のロースト ゴルゴンゾーラのムースと焼いて。




メインのワイン(ローザン・セグラー)に因んで、今回はタスマニア産の3歳児までの仔羊をチョイスいたしました。

ミディアムにローストした仔羊ロース肉の上にゴルゴンゾーラで作った、ムースを塗りかけ 香草パン粉ふりかけ綺麗に焼き色を付けております。

付け合せに群馬県赤城豚肩ロースのシチュー煮込みを添えてサービスいたしました。





6、
甘口ワイン


Château Riessec 97 Sauternes

 (最後はやはり貴腐ワインの王道ソーテルヌです


●4種類のフロマージュのグラスとミルフィユにしたミルクレープと共に。



デザートワインにソーテルヌのセミヨン種、貴腐ワインがサービスされたので、クレープを層にしたチーズのデザートに仕上げました。

クレープの間にロックフォールのムースを挟んで、上にカカオのきいたグラッサージュを流しております。

4種類のフロマージュ(カマンベール、マンステール、コンテ、サントモール)使った自家製アイスを添えて、パイナップルのフリッツを添えております。



今回ご参加いただいた13名様、本当にありがとうございます。

次回は2月27日月曜日、19時30分から当店にて わが国、日本のワインをテーマに料理とワインをマリアージュさせていただきます。

メニューリストは出来次第ブログにて掲載いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

多数のご参加を お待ちいたしております。

・TEL 06−6947−7141

・なお、過去の行われたワイン会の模様がこちらhttp://le-argentblog.le-argent.com/?cid=24
の方に掲載いたしておりますので もし宜しければ一度、お立ち寄りください。


・・・お知らせ・・・

●12月23日関西テレビ放送ジャルやるっ!にて、当店が紹介された様子をyoutubeにてアップいたしておりますので、もしお時間がございましたらこちら
http://www.youtube.com/watch?v=8UZE4FhVjBk&feature=youtu.beをご覧ください。

●ただ今当店最新情報を ぐるなびサイトのホームページに掲載いたしてお
りますのでご興味のある方はこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧ください。

●当店のホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧ください。


皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。















| 当店主催のワイン会の模様 | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
第8回当店主催のワイン会の模様
 
今回ご紹介いたします内容は、11月28日月曜日に行われた 第8回当店主催のワイン会の模様を ご案内いたします。



今回はアメリカ、カリフォルニア州をテーマに料理とワインをマリアージュいたしました。





1、まずは泡物。

GRUET BLANC DE NOIR BRU (NEW MEXICO)

・フランスのシャンパンメゾンが作るカリフォルニアスパークリング。

ブランドノワール(ピノブラン、ピノノワールのブレンド)

軽くサーモンピンクの色調ときりっとした口当たり、上品で非常に飲みやすい一品でした。

●この泡物にノルウェイサーモンのハーブマリネ ペルノー酒とレモンバームの香り。をマリアージュさせていただきました。



ノルウェイサーモンはハラスだけを使い 砂糖と塩付けを一晩しっかりとしみ込ませペルノー酒とレモンバームを ハーブ類と一緒にマリネしております。

中には、自家製で仕上げたピクルスと天然の平目を使ったタルタルを巻き込んでおります。

ソースはフレッシュトマトと パプリカを使ったヴェルモットソースを流して トッピングにサワークリームのフェッテと柿のコンポートを添えております。



2、白ワイン 1 。

CHENIN BLANC 'CHARD-NO-WAY'2009 VINUM (CENTRAL VALLEY)

・カリフォルニア、セントラルバレーの主要ぶどうのシュナンブラン種。

多様な個性を持ち、甘口から辛口までヴァラエティー豊かなスタイルを持つこの葡萄品種ですが シャルドネなんてあり得ない、と言うほど 色調も非常に澄み切っており、上品で樽発酵、樽熟成ながらすっきりした味わいでした。

●この白ワインに舞鶴産天然岩牡蠣のあつあつグラタン トマトとバジルのケッカーソースをマリアージュいたしました。



舞鶴産天然岩牡蠣の身を丁寧に取り出し、ジュ(汁)を使ってレモン汁とフュメドポワッソン(魚の出し汁)を加え味を調え、ふっくらとした軽いグラタンにしております。

トッピングに高知県のロイヤルトマトをコンカッセ(デ切り)にしてバジルとバルサミコ酢で仕上げた ケッカーソースを添えております。



3、赤ワイン 1 。

PINOT NOIR SANTA MARIA VALLEY DIEBRG VINEYARD

・カリフォルニア、サンタマリアバレーのピノノワール種。

セントラルコーストにそびえ立つサンタマリアバレーはモントレー湾から直接、冷涼な風が吹き込む地帯でこの地のピノノワール種はエレガントな色合いと湿った土のような複雑な香りを持ちますが、このワインはかなり果実味が濃縮していて重圧でしっかりとしておりました。

●この赤ワインに 軽くスモークした鰆とシャラン産カモ胸のサラダ仕立て。をマリアージュさせていただきました。



鰆のマリネはシャンパンビネガーと白ワインビネガー、シェリービネガーを使って甘酸っぱく仕上げ 桜のチップで、しっかりとスモークいたしております。

シャラン産カモの胸肉も 7種類のハーブと玉ねぎ、セロリ、人参、リンゴ、にんにくを使って1晩マリネし 桜のチップで、しっかりとスモークいたしております。

皿の中央には かぼちゃのムースリーヌと自家製のタルタルソースを添え、トッピングに下仁田ねぎと姫人参、リンゴで仕上げたくるみ風味のサラダを添えております。



4、赤ワイン 2。

CABERNET SAUVIGNON SANTA YNEZ VALLEY 2006 STAR LANE

・カリフォルニア、サンタ・イネズ・ヴァレーのカベルネソービニヨン種。

非常にコクとタンニンが豊富で力強くしっかりとしており、なめし皮や黒コショウ、ヴァニラやエピスの香りをかもし出しており、余韻も長く 飲みごたえのある一本でした。

●この赤ワインに乳のみ仔牛ロース肉のロースト マデラソース。をマリアージュさせていただきました。



3歳児のフランス、リヨン産の仔牛ロース肉をローストし、じゃがいものグランメール(お婆ちゃん風)とキャロットグラッセを添えて、濃縮させたマデラソースを流し上からバジルのジェノバソースを流しております。



5、デザートワイン

ZINEFANDEL LATE HAVEST 2006   DASHE

口にべたつきが残らず、さらっとしており飲みやすく 甘口。

遅摘みのジンファンデル種による デザートワインで思わず味わいがアプリコットや洋梨を思わせるような フルーティーな一品でした。

●このデザートワインにココナッツとアーモンド風味のブランマンジェ 3種類のフロマージュをグラスにして。を マリアージュさせていただきました。



ブランマンジェには ココナッツとアーモンドの香りをしっかりとしみ込ませマリブのリキュールを使ってムースにしております。

仕上げにタピオカを沢山加えて、3種類のフロマージュ(ゴルゴンゾーラ、マンステール、ピエタンクロワ)で作った自家製のアイスを添えております。


●ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございます。


次回は来年の1月30日、フランス ボルドー地方をテーマに料理とワインをマリアージュいたします。

ワインリストと料理メニューが決まり次第、ブログにてご案内させていただきます。

より優れのワインと料理をご準備して、皆様のご来店をお待ちいたしております。





・・・お知らせ・・・

●ただ今当店最新情報をぐるなびサイトのホームページにてご紹介いたしておりますので、もしお時間がございましたらこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧下さい。

●本年度、お得な忘年会プランに関してはこちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=87をご覧下さい。

●12月21〜25日に行うクリスマスメニューに関してはこちら
http://le-argentblog.le-argent.com/?eid=93をご覧下さい。

当店ホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧下さい。


・皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。















| 当店主催のワイン会の模様 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE