<< 10周年記念パーティーの様子 | main | 薄い豆のブランマンジェ >>
第11回当店主催のワイン会の模様
 



今回ご紹介いたします内容は、先日4月23日月曜日に行われた 第11回当店主催のワイン会の模様をご案内いたします。

第11回料理とワインのマリアージュ会はイタリアの国をテーマに開催させていただきました。

今回もワインアカデミーデゥヴァンの講師でおられる、太田信也先生をお招きしてのワイン会となりました。





参加されたお客様16名様で、行われました。


● 1、泡物  Franciacorta SATEN  2006    Ferghettina              ロンバルディア

 シャルドネ100% ガス圧4.5気圧 瓶内二次発酵のシャンパーニュ製法のDOCGフランチャコルタ。

 優しく、なめらかでクリーミーな味わいの特別なフランチャコルタ。それが〈サテン〉です。


国産のりとモッツァレラチーズのトルテッリーニ 酒かすのブリュレに大吟醸酒のジュレを流して





このフランチャコルタは、非常に上品で泡のきめ細かさも良く口当たりのアタックも活気があり、すっきりとした味わいをかもし出してくれました。

料理はイタリア中部のパダナ平野にあるエミリア・ローマニアの地方料理である、詰め物したパスタを このフランチャコルタに相性良くあっさりとした感じに仕上げております。


●2、白  Fiano di Avellino     2010    Antonio Caggiano        カンパーニャ

 南イタリア、ナポリ近辺では高貴な白ぶどうであるフィアーノ100%。南ながらミネラル感豊かで硬質な印象。

 アントニオカッジャーノのフィアーノは特に凝縮感があって絶妙なオークのニュアンス。ボリューム豊かなふくよかな味わいです。

 いいだことつぶ貝のハーブマリネ レモンとバジルの冷製カッペリーニ





このカンパーニャ独自のフィアーノ種に対して、冷製パスタのカッペリーニを レモンとバジルをきかしたジェノバ風に仕上げてみました。

パスタの上にしっかりとスモークしたいいだこと高知県から届いた、あまーいフルーツトマトを添えてパルメジャーノ・レッジャーノチーズを添えております。

別添えで高知県のフルーツトマトで仕上げたコンソメのジュレを添えてパスタの上から流して召し上がっていただきました。




●3、ロゼ Ciantons    2009   Vie di Romans       フリウリ

 ロゼワインだからと侮るなかれ。フリウリは白ワインの聖地と呼ばれていますが、実は古くからのメルロの生産地。

 ヴィエディロマンスは白ワインを作らせると天下一品ですがロゼもすごい!

 こんなに深みのあるロゼを味わったことがありますか?


タスマニア産子羊のテリーヌ ゴルゴンゾーラのムースと共に





フリウリのロゼワイン(メルロー種)がサービスされたので、料理はもっとも相性の良いタスマニア産の子羊を使ったテリーヌに ゴルゴンゾーラ(ピカンテ)の味を十分に引き出したムースを添えて 自家製のパン(シャンピニヨン)と共にサービスさせていただきました。




4、  Bricco Magno Langhe Rosso 2007             ピエモンテ

 ネッビオーロ100%のランゲロッソ。熟成感とオークのフレーヴァーがちょうど良く絡み合ってとても複雑な香りと芳醇な味わいを醸し出しています。

 北イタリアのピエモンテらしさが十分に感じられます。


天然真鯛のポワレ 赤ワインとオレンジのソースに塩麹でマリネした緑野菜を添えて






ネッビオーロ100%のランゲロッソに対して、真鯛のポワレのソースをちょっとしっかりめのソースにし、塩麹でマリネした甘い緑野菜の上に昆布のジュレを添えております。




 5、赤  Paleo Rosso 2000   Le Macchiole             トスカーナ

カベルネソーヴィニヨン70% カベルネフラン30%  2002年に急逝したトスカーナのボルゲリの偉大な作り手エウジェニオ カンポルミの遺作。

 2001年以降はカベルネフラン100%のキュヴェになったパレオの最後のカベルネソーヴィニヨンブレンド。

 12年の熟成によってメドックのグランヴァンとはまた違った側面を持つボルゲリのスーパートスカーナらしさが表現されています。

 ・国産和牛ほほ肉のラグー ココナッツ風味の赤ワイン煮込み





メインのワインがボルゲリのスーパートスカーナがサービスされたので、料理を 北海道産牛ほほ肉の赤ワイン煮込みにココナッツの香りをしみ込ましたカプチーノ仕立てを サービスいたしました。

肉は赤ワインで長時間煮込み上げ、柔らかく仕上げており、ワインとの相性を考えて しっかりとしたソースを流しております。




●6、甘口 Vin Santo del Chianti Classico 1999  Grevesa  トスカーナ

こちらも長い熟成によって複雑みを増した味わいに仕上がっています。フランスにはない甘口ワインの世界です。

クーベルチュールのガトー・クラッシックショコラ フロマージュのグラスを添えて





最後の甘口ワインにキャンティー・クラッシコのヴィンサントがサービスされたので、ガトー・クラッシク・ショコラに3種類のフロマージュで仕上げた グラス(アイスクリーム)を添えてサービスいたしました。

フロマージュは、ロックフォール、カマンベール、サントモーレを使用しチーズ臭さを精一杯引き出しております。






ご参加いただきました16名の皆様、本当にありがとうございます。

・次回、第12回当店主催のワイン会は アメリカはカリフォルニアをテーマに開催させて、いただきます。


・参加日、費用は、6月25日月曜日午後19時30分より当店にて お一人様¥8500にて開催させていただきます。

・TEL 06−6947−7141

・メニューリストは、出来次第ブログにて掲載させていただきます。

・多数のご予約、お待ちいたしております。






・・・お知らせ・・・



●4月15日を持ちまして、当店は10周年を迎えることができました。

当日、ささやかな感謝の気持ちを持ちまして、10周年記念パーティーを行いました。

その日の模様がこちらhttp://le-argentblog.le-argent.com/?eid=138の方に 掲載いたしておりますので、もし お時間がございましたら一度お立ち寄りください。


12月23日関西テレビ放送ジャルやるっ!にて、当店が紹介された様子をyoutubeにてアップいたしておりますので、もしお時間がございましたらこちら
http://www.youtube.com/watch?v=8UZE4FhVjBk&feature=youtu.beをご観覧ください。


●ただ今、当店最新情報を ぐるなびサイトのホームページに掲載いたしてお
りますのでご興味のある方はこちら
http://r.gnavi.co.jp/kamc100/をご覧ください。


●当店のホームページはこちら
http://le-argent.com/をご覧ください。



皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。









| 当店主催のワイン会の模様 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://le-argentblog.le-argent.com/trackback/139
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE