<< 3月18日 第3回 ワイン会の料理メニューとワインリストについて | main | 7種類のカルパッチョと SAVIGNY-LES-BEAUNE 1993 (サヴィニィ レ ボーヌ 1993) >>
第3回当店主催のワイン会の模様

第3回となる今回は フランス、ボルドー地方の赤ワインをテーマに 料理とワインをマリアージュさせていただきました。

参加された12名のお客様、本当にありがとうございます。



まずはお口初めのシャンパン DE LINIERES BRUT (ドゥ リニエール ブリュット)、ピノノワール40%、ピノムニエ30%、シャルドネ30%とブレンド方式で醸造されたこのシャンパンは 非常に泡立ちときめ細かさが良く、すっきりとした嫌味の無い味わいに仕上がっておりました。

このシャンパンに料理は カリフラワーのムースに純白の白子と甘海老、ほたるイカを添えて 高知県の完熟ロイヤルトマトを生かした 自家製コンソメクラリフェを軽いジュレにしてさっぱりと仕上げてみました。



透き通ったコンソメの軽いジュレに辛口で きめ細かい泡立ちのシャンパンを 始まりのご挨拶とさせていただきました。

次に白ワイン、Les Arums de Lagurange (レ サム ド ラグランジュ 08)には 昨夜、泉南の沖で網取りで上がった活けのすずきを あさりやムール貝、ブロッコリー、いんげん豆、ケイパー、黒オリーブ、エシャロットを使って蒸しににかけ 軽いレモンバターのブールブランソースに仕上げました。



朝市での仕入れ状態がかなり良かったのでフライパンを使っての調理はやめて、素材ごと蒸し煮にかけ その旨みをそのままソースに仕上げ、最後にフィーヌゼルブ(ハーブ類)のみじんきりを加えてお皿1面に流しております。

(レ サム ド ラグランジュ 08)は 青みを持ったハーブ香や酸味のフレッシュなレモンや青りんご、洋ナシなどの甘酸っぱいフルーツ香と優しいハーブ香をかもし出し、軽く仕上げたお魚料理を包み込んでくれました。

次は赤ワイン、Les Hauts de Pontet-canet(オード ポンテ カネ 06)には フレッシュフォアグラ(フォアドカナール ルージェ=有限会社ナチュラル協賛)にいちじくのコンフィーをプレスして仕上げた、テリーヌド フォアグラに さつまいもで焼き上げたブリオッシュを添えてサービスいたしました。



キャセロール(鍋)の中には じゃがいものポンムソテーと、レンズ豆を盛り付け フランス産の乳飲み仔牛のロース肉をミディアムにして盛り込み、ソース マデラとサバイヨンを流して焼き上げております。

(オー ド ポンテ カネ 06)はセカンドの出来も素晴らしく良い状態で 2006年も濃縮感があり、力強いワインとなっており 味わいもパワフルでコクがあり豊富なタンニンと香りを漂わせていました。

メインのワインには、Chateau Rauzan-Segla 07(シャトー ローザンセグラー 07)を 国産和牛ほほ肉と松の実を赤ワインで煮込んだ、手織りパイ包み焼きをサービスさせていただきました。



7種類のハーブと深みとコクのある赤ワインで しっかりとマリネしたほほ肉に、1週間かけて仕上げた自家製のフォンドボーでじくりと煮込みあげ、手織りパイ包み焼きに仕上げております。

皿の淵にはカルバドスでキャラメリゼにした りんごのソテーを添え、濃縮させたラグーソースを流しております。

(シャトー ローザンセグラー 07)はボルドー地方の メドック地区特別畑、2級の内の最高位に位置するだけのものがあり 濃圧で複雑な色調からなる独特性、レンガやガーネットを思わせる色合い、香り立つバニラや樽香からブドウ畑を思わせる広がりを醸し出しておりました。

次にデザートには、当店から皆様へ寄贈いたしましたイタリアのグラッパ、アレキサンダーと オペラカフェ ショコラグラスを添えてサービスさせていただきました。



ガトー オペラの下生地にはアーモンドをふんだんに混ぜ込んだパート ジョコンドを引き、カカオとエスプレッソを濃縮させたマリナードをしっかりとしみこませ、パーター ボンブを4層にして 最後にココアを効かしたグラッサジュを流しております。

付け合せに、カルーアの香りを全力で引き出したショコラ グラスを添え、干しブドウのコンフィチュールを盛り込みました。

(アレキサンダー=イタリア産 グラッパ)は、蒸留酒でブドウの絞りかすを原料とし アルコール℃数も36度とブドウ品種の果実の香りが強いのが 特徴です。

また、豊かな香りの中に甘みを感じさせ 強烈な個性と風味、味わいを醸しだします。

このグラッパにチョコレートを使ったデザートを 皆様は大変、満足げに召し上がれていました。

最後にフランス、アルザス地方のヴァンダンジュ タルティーヴを3種類のフロマージュと共に、サービスいたしました。



このヴァンダンジュ タルティーヴは遅摘みで収穫され、希少価値も非常に少なく その独特なブドウからなる女性的な甘みと個性が特徴です。

フロマージュは、状態の良いポンレベックと スモークチーズ、ゴルゴンゾーラ(ピカンテ)を添えて、3種類のカナッペ(くるみ、ラムレイズン、カイエンセック)と共に、最後のマリアージュとさせていただきました。



今回参加された皆様は今までに無い楽しげな笑顔と微笑みで、僕を癒してくれました。



・次回は、 イタリアのワイン をテーマに料理とワインをマリアージュいたします。

・時刻は、4月22日の第4金曜日 午後19時30分とさせていただきます。

・参加費用は お一人様、10000円(税別)とさせたいただきます。

・14名様限定となっておりますので、どうぞ皆様 ご予約のほどよろしくお願いいたします。

・ワインリストと料理メニューに関しては決まりしだい、ブログにてご案内いたします。



先日の3月11日午後、宮城県で大規模な地震、それによる津波とうがあり 多くの命が失うわれ、そして今まだ行方の分からない方がたがたくさんおられます。

何か出来る事はないかと、もどかしい思いをされている方がたもたくさんおられるかと思います。

震災を体験された方々は特に、はがゆいのではと思います。

支援物質や、義援金などの方法もありますが身構えて急に何か出来るわけでは無いので、出来る事といえば、来て下さるお客様に笑顔で元気をチャージすることくらいですが、不謹慎かもしれませんが、経済を向上させる為に 出かける事が出来る方は お出かけしましょう。

災害の気持ちを忘れる事無くそして、折を見て献血や募金をまずはしてい行ければと思います。

皆様のご来店、お待ちしております。

                   http://le-argent.com/



 


















 
| 当店主催のワイン会の模様 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://le-argentblog.le-argent.com/trackback/32
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE