<< プラポが手がけた2001のバローロ | main | 国産7種の牛もつ白いんげん豆のトリッパ煮込みとオーストラリア産、ビンバリッジ >>
第5回、当店主催のワイン会

5月27日金曜日に開催いたしました 当店主催のワイン会の模様を ご紹介いたします。

今回からワインアカデミーデゥバンの講師である 太田信也先生をお迎えして試飲いたしますワインの講習を実施することとなりました。



まずお口初めに泡もの、・CHARLES HAUSSMANN (フランス シャンパーニュ シャルル・オスマン ブリュット・キュヴェ・プレステージ NV)

このスパークリングは、口当たりが非常にひきしまった きりっとしか酸味とフルーティーな味わい、ミネラルな香りの奥にナッツのような印象を感じさせてくれました。





ご準備いたしました料理は エスカルゴのブルギニヨンと砂糖きびをいかしたオニオングラタンスープに白金豚と天然のすずきで仕上げた田舎風リエットをカナッペを添えてサービスいたしました。

オニオングラタンスープは玉ねぎをしっかりと狐色まで炒め、コンソメの2番で味を調え マイヤーズラムをキャラメルと一緒に香り出しいたしております。

そして田舎風リエットはあえてざらつきを残し、熟成したピエタングロワ(ウォッシュチーズ)を上に添えアンチョビーを効かしたカナッペを添えてサービスいたしました。

次に白ワイン1、・Marlborough Sauvignon Bianc 2008ーStaete Landt・(ニュージーランド マールボロ・スタート・ラント)

この白ワインはとても爽やかな第一印象と立ち上がってくる柑橘系でフルーティーな香り、そしてスッとするようなミントや青草のような成熟感と華やかな味わいを感じさせてくれました。

ご準備いたしました料理は 軽くスモークしたノルウェイサーモンのミーキュイを7種類のハーブで軽いグラタンに仕上げてサービスいたしました。



サーモンは桜のチップで軽くスモークし、火加減はミディアムに仕上げ ふっくらとしたソースの中に ミントやフェンネル、セルフィユー、イタリアンパセリ、エストラゴン、タイム、オレガノを加え 香草風味に仕上げております。

次に白ワイン2、・都農ワイナリー 日本 宮崎 2010 エステート 樽発酵・樽熟成

この白ワインはパイナップル洋梨、白桃のような熟したフルーツの香りもするのに グリーンオリーブや青リンゴのようなグリーントーンも感じられ アーモンドやカシュナッツといった香ばしい香りや パンやイーストのような香りがほのかに感じられしっかりとした樽香のある一本でありました。

ご準備いたしました料理は フレッシュアスパラソバージュと赤座海老のガスパッチョ。
自家製コンソメのジュレを流してサービスいたしました。



このガスッパチョは 高知県の完熟フルーツトマトをふんだんに使用しており、赤ピーマンやセロリ、玉ねぎ、きゅうり、パセリ、パン等 さっぱりとした食材をバランスよく使用し作りあげました。

赤座海老は軽く下湯でしミントとフェンネルでマリネし、上に生うにとコンソメのジュレを流して アスパラソバージュを横に添えております。

次に赤ワイン1、Coldstream Hills Pinot Noir Yarra Vaiiy
オーストラリアヴィクトリア州 ヤラヴァレーコールドストリーム・ヒルズ 2007

この赤ワインはチェリーやブルーベリーの果実香、その奥にはスパイスやトーストしたようなオークの香りが複雑さを高め フレンチオーク樽で9ヶ月熟されたことにより味わいは上質でタンニンと十分な酸と果実味がとれたバランスの良いワインでありました。

今回のメインの赤ワインは、Shafer Napa Valley Merlot 2007
アメリカ カルフォルニア州 ナパヴァレーシェイファーナパヴァレー

この赤ワインはインクを連想させる黒味がかかった色合いを醸し出しとても濃縮されたカシスのリキュールの香りやプラムやさくらんぼのニュアンスがあり、甘いノーズやスモーク、ほろ苦いアーモンドの風味の中に熟成感のあるどしっとした深みとこくを感じさせてくれました。

料理の方は、国産黒毛和牛のロース肉のエギュイット、シャンピニオンと舞茸の森林風 ソースペリグー。をサービスいたしました。



上質の和牛ロース肉を焼き加減に気を付け 薄切りし肉の上にソテーしたシャンピニオンと舞茸を盛り込み しっかりとしたコクのあるソースペリグーを流しております。

最後にデザートワイン、Pieropan Recioto di Soave Calvarino 2006
イタリア ヴェネト州ピエロパン レチョートディ ソアヴェ

このデザートワインは アプリコットタルトのような甘美な香りの奥にアーモンドのような香ばしい香りやべっこう飴のような香りに とろっとしたネクターのような舌触り、粘性も強く全体的にパワフルな印象を 与えてくれました。

料理の方は 洋梨のクラフティー。アプリコットのナパージュを流してゴルゴンゾーラのジェラートと共にサービスいたしました。



タルトの中には洋梨をたっぷり詰めて アプリコットのナパージュをつやつやに塗りかけ その上にゴルゴンゾーラのピカンテで作りあげた ジェラートを添えております。

そして今回はシニアソムリエでありワインアカデミーデゥヴァンの講師でいらっしゃる大田信也先生による 実技講習を行いました。

ワインの澱抜きをテーマにデキャンタージュをご来店のお客様に披露していただきました。



まずはワイン澱抜きはどの様に行うのかを 説明していただき 若いヴィンテージワインはどれくらいのスピードで行うのかと 古く澱が多いワインはどの様に澱抜きするのかを丁寧に説明していただきました。



パニエからコルクを外す作業や



わいんをデキャンタに移す作業、



移し終わった後のお客様えのご説明まで 丁寧に実技を披露していただきました。

本当にすばらしい講習となりご参加いただいたお客さまも 大変満足されておりました。



ご参加いただいた皆様、 ありがとうございました。

次回も太田信也先生をお招きいたしましてワインと料理のマリアージュ会を行わせていただきます。



・次回のテーマはスペインのワインをテーマに行います。

・日程は6月24日第4金曜日

・時刻は19時30分

・参加費用は¥11000(税込み)

・多数のご予約をお待ちしております。


                     http://le-argent.com/



 
| 当店主催のワイン会の模様 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://le-argentblog.le-argent.com/trackback/50
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE